動物のお墓と人間のお墓

近年では、お墓を必要とするのは人間だけではありません。
家族の一員として犬や猫など、ペットを飼っている人たちの中には、ペットにもお墓を…と考える人が少なくないのです。
そのため、最近は動物のお墓も普及しつつあります。
大事なペットが亡くなってしまった時に、動物のお墓を用意するという家庭も見られるようになりました。

では、ペットのお墓をたてる場合の具体的な流れは、どのようになっているのでしょうか。
基本的にはペット霊園のように、動物専門のお墓があるため、そこにお願いして納骨や埋葬をすることになります。
最初に火葬をして、そのあとに納骨…といった手順が一般的です。
中には火葬後に骨壷を自宅へ持ち帰り、自宅で供養するケースもあるようです。

その場合、人間と同じように49日などを行ってからペット霊園に納骨するという流れが多いと言われています。
さて、ここで動物のお墓を作った時に、納骨堂に飾るものも用意しておかなければなりませんね。
この時、どのようなものを用意しておくのがベストでしょうか。
一般的に飾られるものとしては、人間のお墓と同様にお花や水差し、お香立て、ペットの写真が入った写真立てなどになります。

ただ、霊園によっては生花を飾ってはいけないという決まりがあったりするため、その点には注意しておきましょう。
事前に不可なものがあるかどうか、霊園の方に問い合わせておくとスムーズに用意を進められるはずです。
また、お墓を作ったあとのお参りについてですが、人間のお墓と同じく好きな時にお参りができるスタイルになっているところが多いようです。

中にはお参りの日にちが限定されてしまうところもあるかもしれませんので、こちらも事前に確認しておくようにしましょう。
さらに、全ての霊園で必ず開催されているわけではありませんが、慰霊祭などを開く霊園もあると言われています。
お盆やお彼岸など、特別な時期には特に開かれる場合も多いので、こうした行事にも積極的に参加しておくと良いかも知れないですね。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.