納骨堂か我が家のお墓か

納骨堂という言葉を聞いたことはありませんか?納骨堂とは、その名の通りで遺骨の保管をしてくれるところのことをいいます。
一概に納骨堂といっても、公営や民営のもの、寺院のものと種類があって、それぞれによって違った特徴を持っていると言われています。
大切な人が亡くなってしまったときには、お墓を建てて遺骨をそこに納めるというのが一般的でした。

しかし、近年ではこのような納骨堂に納めるというケースも増えてきているといいます。
納骨堂と我が家のお墓、一体どちらが良いのか…その疑問を、両者を比較しながら考えてみましょう。
まず、納骨堂の場合でも霊園や墓地の場合でも、お参りに制限はありません。

いつでも自分が好きな時にお参りが可能です。
ただし、霊園・墓地が屋外で天候に左右されやすいのに対して、納骨堂の場合は屋内であることから、悪天候でも気軽にお参りができるというメリットがあります。
また、容量についてですが、こちらは霊園・墓地の方が大きいです。
納骨堂はどうしても容量が小さめであるため、家族で受け継いでいくというのはなかなか難しいかもしれません。

家族で受け継ぎたい場合は霊園・墓地、単身や夫婦だけのお墓としていきたい場合は納骨堂。
これが最も適しているかもしれません。
次に価格についてですが、こちらは納骨堂の方が圧倒的な価格の安さを誇っています。
霊園や墓地の場合は墓石の費用から使用料、管理料、工事費などがかかってしまうことになりますが、納骨堂の場合は使用料しかかかりません。

そのため、最も安い場合は30万円程度で用意することが可能となっています。
ある程度の予算があり、家族で受け継いで行くには霊園・墓地で問題ないですが、予算を少なめに、家族で受け継がないと考えるのであれば、納骨堂の方がおすすめできるでしょう。
このように、納骨堂と霊園・墓地にはそれぞれメリットとデメリットが存在することがわかります。
どちらが良いのかは、それぞれの状況によって異なって来ることになります。
自分の状況がどのようであるのかを改めて考えて、自分にあった方を選んでくださいね。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.