永代供養墓が増えてきた訳

あなたは、永代供養墓をご存知でしょうか?これは、現代の社会で注目されてきている、お墓の一種のスタイルです。
本来、家庭で建てたお墓は親から子供、そのまた子供へ…といった形で、受け継いで行くことが必要となります。
しかし、近年の核家族化・少子高齢化が進む現代では、途中で受け継いでくれる人がいなくなってしまうことが少なくありません。
その背景には、子供を持たないままの夫婦が増えていることや、単身のまま結婚をせずに生涯を過ごしてしまう人が多くなっていることがあります。

このため、自分の代以降に継承する相手がいないことに悩むお年寄りの方も少なくなくありません。
結果的に、誰にも継承されることなく最後の代の方が亡くなってしまう…このようなことになってしまうわけですね。
このような事態が深刻化していることから、お墓の問題はもはや社会的深刻な問題として考えられるようになってきています。
特に今の若い世代の間では、こうした問題があることから「お墓を持つ意味があるのか?」と考える人も増えてきています。

こんな中で注目されているのが、永代供養墓と呼ばれるお墓です。
そもそもこの永代供養墓とはどのようなものかというと、その墓地の管理者が永久的にお墓を管理し、供養していってくれるという場所のことです。
このお墓に納骨をすれば、それ以降は例え継承者がいなくなってしまったとしてもなんら問題はありません。
無縁仏となってしまうこともないため、安心して預けることができるというわけですね。

また、永代供養墓の場合は費用もおさえられるという魅力があります。
支払うべき料金は納骨する方法や形式などによって異なってきますが、大体一式あたり最も安くて10万円からでもOKな場合もあるようです。
高くても100万円ほどでOKなことが多く、平均的な一式の料金はおよそ30万円〜50万円ほどとなっています。
その上、こうした一式料金を支払ってしまえば、それ以降は一切料金がかかることなく、遺骨をお任せしていけるわけです。
現代のお墓のスタイルとしては、最も適していると言えるでしょうね。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.