核家族化が招くお墓不足

近年では核家族化が非常に深刻な問題となっています。
そしてこの核家族化問題が進んでいく影響によって、お墓にも様々な悪影響を及ぼしていると言われています。
そのうちの一つとして挙げられるのが、核家族化による墓地不足です。
特に都会の方で深刻な問題となりつつある墓地不足は、これから都会で新しくお墓を建てることを考えている人にとっては大変深刻となっています。

最も墓地不足に悩まされているのは、東京都です。
このため、東京で墓地を作るとなると探すまでに非常に時間がかかってしまうことも少なくありません。
特に公営で管理されている霊園の場合はほとんど空きがなく、募集も数年に一回程度となっているのが現状のようです。
東京で墓地を探している人の中には、何年も墓地を見つけることができず、遺骨をお墓に納めることができない…という状況に陥っているケースも珍しくありません。

本来お墓というのは家族代々受け継がれていくものと言われています。
しかし、核家族化が進んでいる近年の社会では、子供たちが新しい家族を持ったとき、また新たにお墓を建ててしまいます。
つまり、元々実家のお墓は受け継がれることなく、新しいお墓が建てられてしまうわけです。
こうして次々に新しいお墓が建てられていった結果、墓地が不足してしまう結果を引き起こしてしまったということですね。

また、特に東京などの都会には多くの人たちが集中し、人口が高くなります。
しかし、その一方で地価の高さは年々上がっていくばかり。
結果的に、墓地の開発がどんどん遅れていってしまう事態に陥っているというわけです。

このような問題が出てきているため、近年では納骨堂という存在が非常に注目されるようになってきています。
納骨堂とは、墓石などのお墓を建てることはできないものの、お骨を納骨することが可能な建物のことを指します。
お墓を建てるよりも値段も安く抑えられること、メンテナンスなどが楽なことなど、様々なメリットからお墓を建てるよりもこちらを選択する人が増えてきているとも言われているようです。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.