お墓にお供えするお花

お墓参りに行くときは、一緒にお供えするお花も用意していく必要がありますね。
このとき持っていくお花、できる限り亡き人が喜んでくれるように選びたいものです。
仏様にお供えする花として最も有名なのは菊の花というのはご存知の方が多いでしょう。
しかし、毎回菊の花ばかりというのは、味気ないですね。

そこで、菊の花以外にはどのようなお花であればお供えしても問題ないのでしょうか。
ここでは、お墓にお供えしてもOKなお花についてをご紹介していきたいと思います。
基本的にお墓にお供えするお花…となると、どうしても和花がメインとなってくるものです。
しかし、中には亡き人が和花よりも洋花の方が好みだったという理由から、できれば洋花をお供えしてあげたいと考える人もいるでしょう。

洋花だけを使ってお供え用のお花を作ることは不可能ではありません。
確かに、仏様のお花を専門に販売しているお花屋さんでは、日本のお花を売っているところが多く見られます。
でも、実は「できれば洋風のお花にしていただきたいのですが…」のように伝えれば、洋風のお花で仏様にお供えする花束を作ってくれるのです。
さて、ここで注意していただきたいのが「洋花の代表とも言えるバラをお供えするのは絶対にNG」ということ。

バラは見た目も香りも優雅なもので、この花が好きという人は少なくありません。
故人がバラ好きの方だったりすると、どうしてもお供えしたくなってしまうところでしょう。
しかし、日本のお墓では仏様に対して刺を持つバラを手向けるというのは非常識なことこの上ありません。

バラをお供えすることで、墓地の管理者や周囲の人々から「非常識なお家」と捉えられることにもつながりますから、絶対にやめましょう。
また、どんなお花にも共通ですが、花首のところからボトリと落ちてしまうようなタイプのお花も仏様にお供えするお花には向きません。
そのため、牡丹などのように花が丸ごと落ちてしまうお花は避けるようにして選んでくださいね。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.