お墓でのお参りの作法

お墓参りは、亡くなってしまった大切な人たちを弔うための、非常に重要な行事の一つでもあります。
そのため、失礼なことがないように作法などはしっかりと身につけておきたいところですね。
ここでは、お墓参りの作法についてを中心にお話していきたいと思います。
とはいえ、お墓参りに何か特別な作法が存在するのかというと、そうでもありません。

しかし、事前に準備しておくべきものや、間違った認識などはしっかりと頭に入れておきましょう。
そうでないと、うっかり失礼にあたることをやってしまって恥をかくことになりかねません。
まず、お墓参りにいくために必ず準備しておいてもらいたいのは、お線香とライター、生花にお供え物です。
その他、必要に応じて花鋏やゴミ袋、掃除用具などを用意しておきましょう。

また、手桶や柄杓が墓地側で用意されていない場合は、この二つも必ず準備しておきます。
次にお墓参りの時の服装についてですが、派手な色やアクセサリーはなるべく避けるようにしましょう。
落ち着いた服装を心がけ、アクセサリーも真珠など派手すぎないものを選ぶのがおすすめです。
さて、それではお墓参りにいきましょう。

もしあなたの墓地が寺院にあるものであれば、最初に本堂のお参りが必要です。
また、ご住職の方への挨拶なども礼節のひとつですから、忘れないようにしてください。
得にお彼岸の時期の場合は彼岸会法要に参加する必要もあるため、注意しましょう。
ここまできたらあとは桶に水を用意してお墓の礼拝とお掃除です。
墓石を雑巾でふいてきれいにしたり、お墓の周りのゴミや枯葉などを片付けたり。
しっかりときれいにしてあげましょう。

お掃除が終わったら持参した新しい生花を花立てに入れて、お供え物を供えて線香をあげてお参りしましょう。
この時、線香の火を吐息で消してしまわないように注意してください。
人間の吐息は汚れやすいものとされているため、仏様に対して失礼になるためです。
また、お参りの時は亡くなった方と最も深い縁を持つ人から順番となります。
このような点に注意して、失礼の無いようなお墓参りを心がけてください。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.