ペットと一緒に入るお墓

犬や猫などのペットが全国的に普及している今日では、「ペットは家族の一員」としてまるで我が子や兄弟のように可愛がる人も増えてきています。
そのため、ペットが亡くなってしまった際には深い悲しみを抱えてしまう人も少なくありません。
このような人間とペットとの共存が当たり前となっている近年では、ペットが亡くなった時にその遺骨を人間たちと一緒のお墓に納めることを希望するケースも見られるようになってきました。

このように、今では可愛がっていたペットをお墓に一緒に納めるということが当然のことのように思われがちですね。
しかし、一昔前までは、このように動物と人間の遺骨を一緒に納めるということはタブーとされていたのをご存知でしょうか。
その昔、宗教的な考えでは、人間のお墓に動物のお骨を納めるというのは禁忌のことでした。

そのため、現状でも中には自分のお墓の周辺のお墓にペットの遺骨が入っているということに嫌悪感を示す人が存在します。
しかし、これは元々の宗教上の考え方ですから、やはり尊重しなければなりません。
自分がペットと一緒で良くても、それをよく思わない人はいるのだ、ということを頭に入れておきましょう。

こうした事情があるため、自分のお墓だからといって勝手にペットの遺骨を中に納めてもいいのか、というと決してそんなことはありません。
ペットの遺骨も納めたい…という場合は、必ず事前に墓地の管理者に相談するようにしてください。
今はペットの遺骨を納めることを許可する墓地も増えてきていますが、必ずしも全ての墓地で許可されているわけではありません。

断られたとしても、必ず管理者の指示に従うようにしましょう。
ちなみに、最近ではペットと一緒のお墓に入りたい…という方々のために、ペット霊園の方でも人間とペットが一緒に入れるお墓を用意するなどの工夫をしているようです。
また、人間用の墓地の場合でも、比較的新しくできたばかりのところだと、ペットを納めることをOKするところが多いようですよ。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.