先祖のお墓を誰が守るか

少子高齢化や核家族化など、様々な問題が浮上している今日では、お墓の承継ができないということが深刻になりつつあります。
お墓とは、本来その家で建てたら親から子供、またその子供へ…と次々に受け継がれていくものですね。
しかし、最近の社会では、結婚をしない独身者が増えていたり、結婚をしたとしても子供を持たずに過ごす夫婦が増えてきています。

こうした事態が深刻化していくことで、お墓を受け継ぐ人もいなくなってしまうのです。
更に、子供が一人っ子の家庭の場合も、お墓を守っていく人をどうするか、ということで問題が生じてきます。
例えば一人っ子の子供が娘であった場合ですが、子の場合は嫁いで行ってしまってからはお墓を守る人がいなくなってしまう場合もあるわけです。

また、嫁いだ相手も一人っ子だった場合はさらに深刻です。
つまり、それぞれの家庭で受け継がれてきたお墓を承継しなければならないことになりますから、一つの世帯で二つのお墓を管理することになります。
このような状況になることは子供たちにとっても負担となってしまうため、お墓を守る人をどうすればいいのか…と悩むことになるのですね。
特に自分が亡くなってしまったら、それ以降を受け継いでくれる人が誰もいない…という状況にある人は、非常に深い悩みに苦しむことになります。

せっかくそれまで受け継がれてきたお墓なのに、誰も守る人がいなくなってしまう…その悩みは、とても大きなものです。
ご先祖さまや亡き人たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになることでしょう。
このように、現代社会ではお墓の問題が非常に深刻化してきています。
このため、お墓を作るべきか否か、ということで悩む人も少なくありません。

このままでは、日本ならではのお墓の風習も失われてしまいかねないでしょう。
そこで近年注目されているのが、永代供養墓と呼ばれるお墓の存在です。
また、納骨堂などの承継者がいなくとも安心できるような施設も人気を集めています。
このような場所であれば、自分が亡き後も心配いらないため、安心することができるでしょう。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.