子供に伝えるお墓のマナー

マナーよくお墓参りを行うために押さえておくべきポイントとは、どのようなところでしょうか。
まず、お墓参りには欠かせない必需品についてを確認していきたいと思います。
お墓参りに行ったら、必ずといっていいほど墓石や周りの掃除などを行うことになります。
そのため、墓石を水洗いするための雑巾やスポンジ、細かいところの汚れを落とすための歯ブラシの他、墓石用の洗剤や軍手、ゴミ袋などはしっかり準備しておくようにしましょう。

その他、お供え物としてお花や果物の用意も欠かせません。
お参りにはロウソクやライター、線香が必須となりますから、こちらも忘れないように準備しておきましょう。
準備をして墓地に行ったときに、一つ注意しなければならないことがあります。
もしも墓地がある場所がお寺だった場合には、必ずお参りをする前に本堂のお参りをするようにしましょう。

終わったら、とうとう自分の家のお墓参りです。
まずはお線香でお参りをする前に、墓石などのお掃除をしなければなりません。
墓石の水洗いはもちろん、周りに落ちているゴミを拾ったり、ホウキで掃いたりして綺麗にしてあげてください。
一通りお掃除が終わったら、お花を持参した新しいものに変えてあげます。
この時、水鉢の中の水も新しい綺麗なものに変えましょう。

また、果物やお菓子などのお供え物をお供えするのもこの時です。
お花の取替えとお供えが終わったら、お線香でお参りです。
この時、お参りをする順番についてですが、亡くなった人との接点が最も深かった人から順番に行っていくのがマナーとなります。
順番を間違えないように気をつけましょう。

お線香を手向けたら、墓石の上から柄杓でたっぷりと水をかけて、最後に合掌します。
ここまでが、お墓参りのざっとした流れです。
お墓参りが終わったら、お供えしたものはその場にいる人たちで分けあっていただきましょう。

食べなかったとしても、必ず持ち帰るようにしてくださいね。
持ち帰らないとカラスなどに荒らされてしまう可能性があるので、注意しましょう。
このようにお墓参りで気をつけるべき一連のマナーについて、子供たちが間違えることがないように日頃から伝えていくように心がけてください。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.