お墓の面倒はだれがみる?

お墓は一度建てたら、基本的には代々受け継がれていくことになります。
その中で、気になってくるのが「お墓の面倒を見るのは誰か」ということでしょう。
面倒を見るべき人間に決まりがあるのかどうか、というのは非常に気になるところです。
面倒を見る相手によっては仏様に対して失礼にあたってしまうのでは…と考えてしまうと、なかなか思うように動けなくなってしまいますよね。
特にお墓に関してはマナーや決まりごとが非常に重要となりますから、その点についてはきちんと把握しておきたいものです。

まず、お墓の面倒を見ると言っても二つほどパターンが存在してきます。
一つは定期的にお墓へいってお掃除などの手入れをするような場合。
もう一つは、お墓の管理費などを支払うような場合です。
前者のような「面倒を見る」場合では、基本的に特に難しいことを考える必要はなさそうです。

お墓のお手入れをするなどして面倒を見ていく場合、親族等の関係者であることが大前提と思われがちですが、実は意外にもそんなことはありません。
例えば、自分のお墓の隣に立っているお墓があったとします。
そこのお墓の主とは特に血縁関係があるわけでも、プライベートや会社でのお付き合いがあるわけでもないとしましょう。
ただ単に、墓地で隣にお墓があるからたまに顔を合わせる程度であったとします。

しかし、相手側は事情があってなかなかお墓のお掃除に来ることができなかったとしましょう。
このような場合、自分のお墓のお掃除をするついでにお隣のお墓も一緒にお掃除する…となったとしても、全く問題はありません。
気兼ねなく、丁寧に面倒を見て構わないでしょう。

次に、管理費の支払いを意味する「面倒を見る」場合についてを考えてみます。
管理費の支払いなどとなると、やはり身内や親族の間のみでのお話となります。
このような場合については複雑なお話となってきますので、必ず身内や親族たちと十分に話し合って誰が管理費の面倒を見ていくのかを決めるようにしましょう。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.