生前にお墓に戒名を書くには

あなたは戒名=亡くなってからのもの、と考えていませんか?実はこれ、間違った認識です。
戒名というのは元々、人が仏教徒になった証として授かる名前のことですので、亡くなってから授かるものではないのです。
このため、中には生前に戒名を授かってお墓に書く…というケースが見られることもしばしば。
このように生前に戒名を墓石に書くためには、まず生前に戒名を授からなければいけません。
「生前に戒名を授かるって、できるの?」そんなあなたの疑問を、ここで解決していきましょう。

近年では生前に戒名を授かっておくことを、様々なお寺ですすめていると言われています。
なぜなら、生前に戒名をいただいておくことには様々なメリットが存在するからなのだとか。
そもそも戒名というのは、本来では仏教徒としての証として授かる名前ですね。
そのため、生きている時に授かることで仏教徒として自分が生まれ変わったような気分に浸ることができるわけです。

人間誰しも、生きている中で行き詰まってしまうことはあるでしょう。
困難やトラブルに遭遇して抜け出せなくなってしまったりした時には、「新しい自分としてまた一から始めてみたい」と思うことがあると思います。
そんな時に戒名で名前を授かることで、心機一転して自分の人生を一から見直して行くことが可能となります。

また、戒名を授かればその名前は様々な場面で活用できるようになるでしょう。
そうなれば、その名前を使う度に自分が仏教徒であるということを意識することができますね。
こうした意識によって、自分の心を落ち着かせていくことができるでしょう。
このように、生前の戒名には様々なメリットが存在していますが、最も魅力的なのは家族に対しての経済的負担を軽減できるところでしょうか。

亡くなったあとに戒名を授かる場合、どうしてもお葬式の段階で戒名のための費用が必要になってしまいます。
そのため、遺族の経済的負担が増えてしまうことになるのです。
生前で戒名を授かっておけば、この手間が省けるため、遺族たちも経済的に楽になるでしょう。

Copyright (C) 事前準備をしっかりと All Rights Reserved.